自らの身体を知り、自分の走りに導く


2021年のバイクシーズン到来

2021冬は多くの積雪となった地区が多かった反面、2月は比較的暖かい日が続き

新潟県内でも2月からバイクの姿を見かける日も

 

3月に入り温かい日が増えて来て、比例するようにバイクの数も一段と多くなっています。

春の乗り出しは多くの方が

冬季間に乗らない時間が長くなることによる感覚の変化と共に、冬場の運動不足なども重なり、乗る感覚や体力を一定レベルに取り戻す事を考えます。

 

スキルのレベルアップを目指して開催している当レッスンですが、本格的なシーズンインを前に身体も車両も準備運動的な位置づけとして今回はプレレッスンを開催しました。

開催日の深夜から春の嵐とも言えるような暴風と雨となり、会場のスピードパーク新潟がある胎内市は強風の名所でもあることから、早朝の悪コンディションからは開催中止を検討する事態となりました。

 

集合時間と合わせるように雨は上がったものの、暴風の勢いはそのままでしたが十分に安全を第一にすることを参加者に申し合わせ、様子を見ながら通常通り準備トレーニングから慣熟走行へ

設営したコースを走行していても雨で濡れている上に、強風で走行車両が煽られてしまう場面もあり、車両、タイヤの動きを探りながらの走行です。

 

序盤は悪コンディションに気持ちも下がり気味だった参加者も、時間と共に路面が乾き風も幾分和らいで来て、各々の課題にチャレンジしていく余裕が出てきたようです。

 

シートの着座位置を変えてみたり、頭の位置をどのように落ち着けるか、走行ラインをどう組み立てていくかなど、コンディションの回復と共に色々とトライしていきます。

 

お昼休みはクールダウンと共に身体のメンテナンス体験として、痛み・こり・可動域の改善などのご要望に応える試みを実施しました。

今回は首から肩周りを中心とした施術の体験です。

 

 

 

 

今回の参加者は色々なところで走行していて、様々なアドバイスを受けて来ています。

それらに対して自分自身がどのように消化していくのか?

自分自身の身体の動きを知ると

言われた意味を理解しながら、自分なりの答えを見つけやすくなるのではないでしょうか?

今回も参加者の身体の動き方から、目標に向かうための提案をしていきました。

ほんの僅かでも意識の向け方を変化させることで

身体の感じ方が変わり

車両の動きも変わってくる事が実感できたようです。

 

 

時間と共に風も少し落ち着きが出て、路面コンディションも良くなった事も重なりペースアップしたり、課題走行にチャレンジしたり

午後からも気がつくと相応の時間・距離を走行していて、疲れが出てきたところ

途中で甘いものの差し入れを頂いて、エネルギー補給

最後まで楽しく有意義な走行が出来たようです。

 

参加者の目標と振り返り

今年初乗りになるので感覚を取り戻し、ロード車両を別タイプの乗り方を意識してみる事を目標に走行しました。

前・後と意識を変化させたりしてみましたが、意識の仕方を変えると疎かになる部分も出てきてタイヤの滑りに繋がる場面もありました。

最後に自分の身体に合わせた課題走行で、良い感覚がありました。

初乗りにしては良い感じで乗る事ができました。

 

コーナー間の走り方を意識したライン取りが出来ることを目標に走行しました。

乗車中の車両を支えるポイントを再認識でき、シートの座り方を変化させる事でタイヤへの不安が少なくなり、走行ラインも安定して走れるようになってきました。

 

 

バイクに慣れて徐々に限度を上げていくことを目標に走行しました。

身体の使い方ひとつで、バイクの動きがまるで違って来て、身体を知り、やり方を変えると効果が出やすいという事が印象的でした。

ちょっとした身体の使い方の変化で、バイクの動きが安定するようになりました。

 

 

今回もオプションとして希望者にスピードパーク新潟のレーシングコースを体験走行してもらいました。

 

気温10℃前後と止まっていると寒さを感じましたが、走行中は身体の温まりと共に自分らしい動きを引き出しながら走行を終える事が出来たようです。

Leave a comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です